明治安田生命J1リーグ 2016 2ndステージ 第13節 磐田vs湘南 戦

こんばんは、神奈川県は今後女子サッカーも群雄割拠状態になりそうで驚いている、チャリ通です。

プレナスなでしこリーグ1部のクラブはありませんが、元湘南ベルマーレ監督の菅野将晃GM兼監督が率いるノジマステラ神奈川相模原10月1日(土)13時の、2位ちふれASエルフェン埼玉との相模原での直接対決に勝てばプレナスなでしこリーグ2部の優勝となり、プレナスなでしこリーグ1部への昇格を決めることができます。10月1日はベルマーレは19時からなので、こっちに行って田中陽子選手に抱きついて逮捕されてしまい、平塚には行けなかったとかいたりして・・・。オイラはこの日は相模原に行けません。

また、既に大和シルフィードが3部リーグ相当のプレナスチャレンジリーグの順位決定戦で2位になり、11月のプレナスなでしこリーグ2部入替戦に進出を決めております。ただ入替戦の対戦相手はニッパツ横浜FCシーガルズになる可能性があるのがアレですが・・・。この10年くらいにかけて大和市は官民挙げて女子サッカーにものすごく入れ込んでいるのを見ておりますし、大和シルフィードユニフォームがPenaltyというのと、練習場の大和ゆとりの森を管理するNSBYエザンスコンソーシアムのNSBYは「日産・相鉄・ベルマーレ・大和市」の頭文字を意味していて湘南ベルマーレスポーツクラブ主催のイベントも開催されているということで、大和シルフィードととも仲良くしたいところであります(ベルマーレとマリノスは20世紀に女子チームをつぶしたことがあるので、女子サッカーに簡単に再参入はできないと思います)。

このほかにニッパツ横浜FCシーガルズより先に横浜でリーグに参入している、日本体育大学女子サッカー部員と社会人選手による日体大FIELDS横浜も2部にあります。

余談ですが、チャレンジリーグを優勝したオルカ鴨川FC親会社の亀田総合病院(厚木森の里病院の親会社でもある)の支援(雇用し、治療する)が手厚く、大卒の日本代表に一般アルバイトをさせているところもある女子の場合は、こういうクラブが1部リーグに上がるべきというクラブで注目だと思います。

9月25日(日)は、ヤマハスタジアムで15時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節ジュビロ磐田戦でした。個人的超過密日程の最終記事となります。

途中で富士山浅間大社本宮鴨江観音に立ち寄りましたが、磐田と浜松は自動車の数に対して道路が貧弱すぎると思います。2017年のNHK大河ドラマは柴咲コウさん主演の「おんな城主 直虎」ということで、来年は浜松市、静岡市(今川)、岡崎市(松平)と、立ち寄りでジュビロ磐田は恩恵が待っていると思われますが、井伊谷が山奥ということもあってこの道路だと観光の人は大変だろうなあと思いました

ヤマハスタジアムのフリーゾーンアウェイのチケット販売がオーバーブッキングぎみで湘南ベルマーレサポーターがあふれておりました。その一方でアウェイ側にもフリーゾーンホームを設定されて緩衝帯を設けられてしまい、さらにバックスタンドアウェイ側に空席が目立っていたので、「なんだよ、これ!」と思いましたが、Jリーグで自由席をオーバーブッキングぎみで販売して主にホームサポーターに不評の代表的クラブといえば湘南ベルマーレなので、文句は言えません。まあ席詰めをすればまだまだ席はあるのでしょうが、発見困難ですし・・・。

フリーゾーンアウェイの後方の体育館ではハーフタイムで登場する浜松海の星高等学校 吹奏楽部が前半中も鋭意リハーサル中で、ハーフタイムでは素晴らしい演奏をしました。関東では横浜FCも吹奏楽部に演奏をさせていて、川崎フロンターレも専属で洗足学園大学にファンファーレを担当させておりますが、大きな会場で数十人程度で踊る(よくみえない)よりも、音量のある吹奏楽の演奏(何かをしながらでも聴ける)のほうがお祭り感が出せていいと思います。湘南ベルマーレもぜひ年に数回ぐらいホームタウン内の高校や大学の演奏をしてほしいなあと思います

湘南は木曜日の天皇杯徳島戦で活躍した、村山、山田、齊藤未月選手などを積極的に起用しました。

試合のほうですが、ジュビロ磐田は相変わらず高級外人選手とJ2っぽい日本人選手なチーム(主に野球の阪神タイガース並みの「若手の墓場」っぷりが原因)で、加えて小林祐希選手がオランダに移籍して、元湘南の大井健太郎選手も怪我ということで、正直他のJ1クラブと比べれば「弱っているなあ」と思いました

しかし、湘南は最後にシュートを撃つ選手が余裕を持ってシュートを撃てていないので、それなりにシュートは撃っているのですが、得点が入る気配がありません。高い位置でボールを奪取して攻撃はできるようになったのですが、相手のジュビロがこの日はJ1っぽくない力量でしたので、それくらいはできないと困ると思いました。9月は天皇杯で10得点しましたが、リーグ戦では9月は無得点という結果は、10連敗と同様に、相手は誰でも対応できてしまう欠陥があるとしか言いようがありません

しかし、高校生の齊藤未月選手の成長が著しいです。早くもJ1の競り合いに対応できるようになってきました。2017年は全試合先発を目標にどこかのJ2クラブに貸し出しかと思いましたが、現状なら2017年の湘南がJ1でもJ2でも彼を戦力として計算すべきであり、99年1月生まれなので同じ藤沢市出身の石原広教選手とともにギリギリ下の世代でも出られますが、数週間後のAFC U-19選手権2016に神谷優太選手とともに日本代表に推薦できます

湘南 0-0 磐田

それなりに面白かったですが、GK村山智彦選手とGKカミンスキー選手ばかりが目立って、試合が終了しました。湘南ベルマーレは連敗を10で止めました

10月1日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第14節柏レイソル戦ですチケットが安くなるBELLMARE International Dayで、azbilスペシャルデーですTBSチャンネル1の生放送がございますので、ケーブルテレビなどで全国の方が視聴可能です。柏の元湘南はMF武富孝介・MF中川寛斗選手がおり、湘南の元柏は曺貴裁監督・髙山薫選手がいます。

残りは平塚、大宮、平塚、名古屋だけという時期なので、他会場の結果次第では湘南ベルマーレの2017年シーズンJ2参戦がこの日に決定してしまいますが、そもそも負けなければ決定しないのですから、今年のチームが超苦手としている「鬼門平塚」での試合に勝つことだけを考えてほしいと思います。ちなみにベルマーレは平塚で自らの優勝、昇格、降格を決めたことがない(リーグ戦はすべてアウェイ、カップ戦は国立競技場、三ツ沢球技場で決めている)ので、万一この試合で降格を決めれば史上初です。

10月2日(日)の平塚の日産車体の企業祭に今もフツーに本厚木駅前を歩いている厚切りジェイソンさんが出演しますが、このイベントに出るのは横浜Fマリノスの選手たちというのは、通常営業なので気にしてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第96回天皇杯3回戦 湘南vs徳島 戦

こんばんは、9月16日の阪神戦で降板した時点で「これは・・・」と思ってしまいましたが、三浦大輔投手がとうとう引退を表明して残念な、チャリ通です。ここ数年間毎年1月に厚木市内で自主トレを行っていたため、この記事へのアクセスが増えておりましたが、そちらもおしまいでしょうね。番長は他球団ファンにも人気があるくらいなので、問題はないでしょう。お疲れさまでした。

9月22日(木・祝)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、天皇杯3回戦 徳島ヴォルティス(J2)でした。今大会が第96回ということは、東京オリンピック後に新国立競技場で決勝となる2020年大会が第100回大会になるのですね(ただし戦争で欠番大会がある)。

前回の記事で実際の舞台は現在日本棋院のあるあたり(番町)ながら、平塚の「お菊塚」を取り扱いましたので、JR平塚駅西改札口の平塚レンタサイクルの出口から三木証券平塚支店のわき道を入って50mくらいのところにある紅屋町公園のお菊塚を一応拝みに行きました。ちなみにNHKが「超入門!落語THE MOVIE」の柳家三三さん(小田原市出身)の「お菊の皿」アテブリ芝居なしオリジナル高座の動画を公開していて、短くてなかなか良かったです

それにしても2016年9月、雨の日が多くないですか?。この日も午後まで雨でしたが、夕方には止むということで、平塚に行きました。

いつもは別の用事と混ぜて平塚に来ているのですが、この日は電車で直接平塚を日帰りです。用事が1件だけだと、JRの休日お出かけパス2,670円で平塚を往復するより、JRでは新宿まで行って小田急に乗り換え、本厚木から神奈中バス(金券ショップ利用)で往復するほうが安いというくらいJRが高額なのでしんどい・・・。でも、勝つ確率が高そうだったんで・・・。

対戦相手の徳島は現在J2・12位。残り試合数的におそらくJ1昇格もJ3降格もない位置なので、天皇杯をどうするかがわかりませんでした。9月18日(日)にアウェイ山形戦、木曜日に当試合を挟んで、9月25日(日)にはホームセレッソ大阪戦があります。徳島ヴォルティスの回答は「控え組を湘南戦に先発させる」でした。元湘南の岩尾憲選手はベンチスタートでした

対する9月17日(土)にホーム福岡戦、木曜日に当試合を挟んで、9月25日(日)にはアウェイ磐田戦の湘南も、「控え組を徳島戦に先発させる」でした。高校生の齊藤未月・石原広教選手、高卒1年目の神谷優太選手、大卒1年目の山根視来選手あたりを先発起用しました

控え組同士の試合はどうなるかと思いましたが、

湘南 4-0 徳島

J1と比べると相手の寄せが極めてゆるく、その一方で相手選手に寄せると簡単にボール奪取でき、前半に2点、後半に2点を獲って、危なげなく勝ちました。正直J3ができたことでJ3上位に選手を獲られるので、J2のレベルは少し落ちたかなあと思います。

まあ徳島は控え組であって、遠方アウェイに遠征して来ているのですから、J1の試合と比べて見劣りするのは当たり前です。J1では安全なところでしかポストプレーをしなかったのにこの日はグイグイゴール前に入って行った藤田祥史選手や、トップチーム初ゴールとなった齊藤未月選手、トップチームデビュー戦に長い時間出られなかった石原広教選手、最近先発を外れている村山智彦選手、 DFで出場した石川俊輝選手などにとっては、プロ相手の公式戦で結果を出せて、自信につながったのではないかと思います

徳島の主力選手である岩尾憲選手に出場機会ありませんでしたが、試合終了後に湘南側にあいさつに訪れたので、激励をすることができたのは良かったです

3回戦を勝ち上がった12チームにシードの4チームを加えて、11月に4回戦が開催されます。対戦相手は10月に決まります。リーグ戦終了後も天皇杯を闘い続けたいです

9月25日(日)は、ヤマハスタジアムで15時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節ジュビロ磐田戦です。磐田の元湘南は大井健太郎選手がいます。日本人選手はともかく外人選手のレベルが極めて高いので要注意です。1stステージでは湘南が勝っている相手ですので、磐田も必死で対抗すると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レストラン大原

こんばんは、湘南が舞台の作品は結構ありますが、平塚が舞台の作品は「SLAM DUNK」の試合会場のひとつと、「エリアの騎士」で主人公が特別指定選手で入団したクラブくらいしか思い浮かばないなあと思って調べたら、

かんしゃく玉投げカン太郎の東海道五十三次」という昭和のゲーム(小学生の時に友人の古いカセットを借りてやった記憶があります)が見つかり、「おだわら から ひらつか」では「墓場→川(たぶん酒匂川)→街」だったので、平塚は「街」という評価なのだなあと思ったのと、小田原城も表現して欲しかったなあと思う、チャリ通です。なるほど、東海道ネタが使えるのなら、「水戸黄門」で平塚宿も何回か映像化されているでしょうね。なお以前も書きましたが、平塚駅北口から大磯寄りに平塚宿があったので「平塚駅北口≠平塚宿」です。有名な怪談「番町皿屋敷」古典落語「お菊の皿」の舞台は千代田区ですが、お菊が平塚宿宿役人 眞壁源右衛門の娘ということでお菊塚が北口にありますが、これは昭和時代に建立されたものです。あっ、フロンターレならお菊さん程度のつながりでもネタとして使用しそうですね・・・。

先日の福島戦の前に、レストラン大原(れすとらんおおはら)に行きました。

「レストラン大原」 公式ホームページ

平塚市総合公園の中央付近に前世紀から存在する、「オーダースットプ PM4:30」の看板でおなじみのレストランです。実際は公園内で夜にベルマーレやベイスターズの試合がある場合は、営業時間を試合開始前まで延長しているイメージがあるのですが、確認できておりませんのでわかりません。

湘南ベルマーレのスポンサーであるみづほ野グループが経営しているレストランなので、ベルマーレ選手のポスターやサイン色紙が確認できます。みづほ野グループ自前の飲食店経営のほかにベルマーレホームタウン内で全国チェーン飲食店のフランチャイジーもいくつか行っておりますので、意外と大きい会社です。

レストランは「大池ビュー」と「はらっぱビュー」で役割が異なり、「大池ビュー」は個人客向けのファミリーレストランです。メニューは和食・洋食のファミリーレストランに出てきそうな、どんぶり、定食、ラーメン、ハンバーグ、パスタ、デザート、お子様メニューなどがあります

この日は季節メニューだというサーモンフライ定食をいただきました。値段も味も合格点で、このブログ向けに評価しろと言われると「ここにしかないもの」ではないので激安食堂 小林屋と同様に減点されてしまうのですが、普段の食べ物として充分お勧めできるレベルです。土日の湘南ベルマーレ戦試合直前はだいたい満席で、ベルマーレフードパークにしか行かないのはもったいないと思います。

ガラス張りのここから大池を眺める景色は結構いいはずなのですが、柵や幕みたいな装飾が邪魔で視界が狭いです。おそらく外の人から観られるなどの理由であえて遮っていると思われます、残念。

「はらっぱビュー」は大小の個室宴会場で、湘南ベルマーレとしては試合日に開催される持株会総会がもっとも接点が多い人がいると思います。普通に公園の雰囲気のなかで食事を楽しむだけでなく、業界団体の懇親会をレストラン大原の宴会場でおこなったあとでベルマーレ戦のチケットを渡してそのまま観戦会とか、スポンサー候補や新卒入団候補に試合観戦をさせて試合終了後にレストラン大原の個室に連れて行って質問や要望を受け付けるなど、ベルマーレの営業的には便利な施設だと思います

かつて東京ドームが東京ドームホテルを建設しましたが、東京ドームと直通のこのホテルがコンサート出演者の後方支援控室になっていたりするほかに、ここが調理した料理が選手や出演者のラウンジや、東京ドームのプレミアムラウンジでビュッフェ形式で提供(食べすぎちゃいます)されております。東京ドームと比較するのはおこがましいですが、陸上競技場や野球場に料理を迅速に配達できそうな施設が近くにあることは結構な可能性があり、こういうことができなさそうなスタジアムにとってはうらやましいと思っているところもあるのではないでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華 四川

こんばんは、9月のベルマーレのホームゲームが「2daysだJ! 2016」だけだったので奮発したので、今週は記事予定が多いのでしんどい、チャリ通です。来月は神谷優太選手がAFC U-19選手権に出場できるのでしょうか。リオデジャネイロ五輪組は上の世代も下の世代もオーバーエイジもFIFA U-20ワールドカップに出られなかったため、黒人と白人に慣れていない感があったので、東京五輪組はFIFA U-20ワールドカップに出場させたいところです

2016年に寿がきや食品が「小田原系タンタン麺」をカップラーメンとして販売いたしましたので、そういえば記事化していないので、実際のお店を記事化することにしました

小田原のラーメンというと、昭和時代から複数店舗で提供されている「大きめのチャーシューを活用したワンタン入りの、豚が強調された醤油ラーメン」で、このブログでも何回か記事にしているのですが、2000年代に入ってこの系統のラーメンは絶滅危惧種になっており、減ってきております。ラーメンは当たると爆発的に繁盛しますが、そのぶん永く人気を続けるのは大変ですね。

そして小田原系タンタン麺は1975年創業の「中華 四川」(ちゅうか しせん)とそのインスパイア店だけの独自の担担麺なのですが、「中華 四川」が交通アクセスの悪いところにあるのでずっと後回しにしており、カップラーメン販売をうけて、やっておかないとと思いました。「中華 四川」にホームページは特にございませんので、食べログの記事を参照してください。

場所はJR御殿場線上大井駅から徒歩10分くらいなのですが、ご存知のとおりJR御殿場線は単線かつ通常1時間に1本しか電車がなく、路線バスは免許維持のためだけに通学用に存在していて、国道沿いにこのお店があるわけではないので、電車やバスはおすすめできません。駐車場は問題なく用意されておりますので、クルマをおすすめします。小田原アリーナから数kmの場所にあるので、Fリーグなどでクルマで小田原アリーナに行く場合や、2月に曽我別所梅まつり(小田原梅まつり)に行かれる場合に、立ち寄るには良いかもしれません。

カップラーメン販売の影響なのかわかりませんが、現在ものすごく混んでおります。土日祝日は最低1時間待ちを覚悟したほうがいいかもしれません。

メニューは「タンタン麺」と、「つけ麺タンタン麺」、「冷やしタンタン麺」がメインで、これに「ライス」、すぐに売り切れる「チャーシュー」、ビールなどの飲み物だけです。基本的にタンタン麺を食べるためだけのお店です。タンタン麺の辛さは「A甘口」「B一般向き」「C辛口」「スペシャルC」の4種類があります。大盛りではなく替え玉方式です。鍋を持参すると持ち帰ることが可能です。

そしてタンタン麺の特徴ですが、日本で一般的な担担麺と異なり、とろみを利かせたにんにく入りの辛めの挽肉のスープに、ふんわりした縮れ麺をあえたもので、豆腐を抜いた麻婆豆腐に似たスープです。「B一般向き」を注文しましたが、辛みは弱いと感じたのでオイラは「C辛口」でよかったかなあと思いました。酢などで味を調整できます。

ラーメンなのに40年繁盛しているお店だけあってなかなかおいしかったです。寿がきや食品のカップラーメンはここでも買えるのですが、正直、再現度はものすごく低いので、ぜひ小田原まで食べに来てください

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治安田生命J3リーグ 2016 第22節 福島vs長野 戦

こんばんは、6月のFC岐阜に続いて、そうそうたるメンバーの茅ヶ崎市民栄誉賞の受賞者であるラジコンドライバー山本昌さんが、今月川崎フロンターレの前座イベントでラジコンをドライブしたのですが、グダグダだったというネタとして最高の結果だったのに、この日は山本昌さんが副業でやっていた野球で、広島カープが四半世紀ぶりにリーグ優勝をしてしまったので、全く目立てなかったことが残念な、チャリ通です。いつでもいいのでShonan BMW スタジアム平塚にも来てください。

野球といえば、横浜DeNAベイスターズのクライマックスシリーズ初出場決定おめでとうとは思いますが、これで勝率5割未満なのにジャイアンツとカープを倒して日本シリーズに出場したら、リーグ軽視で批判の対象になるだろうなあ・・・。

9月18日(日)は、Shonan BMW スタジアム平塚で15時キックオフの、明治安田生命J3リーグ第22節福島ユナイテッドFC対AC長野パルセイロ戦でした。今年も「2daysだJ!」として、平塚で「湘南ベルマーレのホームゲーム」と「福島ユナイテッドのホームゲーム」が連日開催されました。

わざわざ福島から平塚まで来ていただいているわけですから、1試合平均観客動員以上の動員と、勝ち点の持ち帰りで、福島には「何か成果を持ち帰ってほしい」とは思うのですが、この日は「前半が曇り、後半が終盤まで雨」ということもあり、わずかに1試合平均観客動員を割ってしまいました。天気はしょうがないのですが、残念。しかし昨年6月の平塚開催福島戦の町田同じくらい今年の長野のサポーターが平塚に来ていて、平塚までの距離がだいぶ違うのに驚きました

確かに福島ユナイテッドはJ2昇格のためにまだまだ力を蓄えなければいけない段階ですが、経営規模、全国リーグ経験年数的にも、現時点の福島の成績では合格点は与えられないと言わざるをえないので、この試合は落とせないはずです。昨年は新スタジアムと新幹線延伸、今年はNHK大河ドラマ「真田丸」の恩恵がありそうな長野ですが、観客動員やスポンサー待遇を考えれば2位以上が必須なところで現状の成績を見ますと、すぐ下の相模原が脱落という状況で、もう引き分けすら許されない状況と思われます。長野は選手もベテランに偏っているため(橋本英郎選手が7月から移籍していて驚きました)、2位にも入れないのは極めてまずく、緊張感のある試合になると思いました

湘南関係では、福島のMF前田尚輝・FW樋口寛規選手と長野のDF阪田章裕選手が先発、福島のGK植村慶・DF福岡将太選手と長野のMF菅野哲也選手がベンチスタートでした

試合は順位相応に長野が一方的に福島を押し込む展開なのですが、明らかにMFからFWへのボールの受け渡しが出来ないので、福島陣地でばかりプレーしているのですが、長野が得点できません

そのまま時間だけが過ぎていくなか、途中出場の福島MF石堂和人主将にパスが通って87分にゴールを挙げて(なぜか雨も止む)、これを守りきって福島が勝利しました。佐野日大高校卒の石堂和人主将は長野パルセイロの前身の長野エルザSCに所属歴があるのですね。押し込まれているためどうしてもFW1人から2人だけしかペナルティエリアに行けない中、唯一のチャンスをものにしました。

福島 1-0 長野

福島ユナイテッドにお土産を持たすことが出来て良かったです。前田尚輝・樋口寛規・阪田章裕選手は90分間出場、菅野哲也選手が後半途中出場でした。前田尚輝選手は高卒2年目なので、公式戦にでられることは良いことだと思います。

ベテランばかりの長野の、この日のMFからFWへのボールの受け渡しを観る限り、長野のリーグ2位以上は厳しいのではないかなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明治安田生命J1リーグ 2016 2ndステージ 第12節 湘南vs福岡 戦

おはようございます、みんスタでShonan BMW スタジアム平塚のホーム/アウェーのスタンド入れ替えについての記事が出ましたが、何年かおきにEFSが話題提示しますけど、ホームのサポーターが大型ヴィジョンが見にくいとかライトユーザーそっちのけもいいとこですし、そもそも相模湾が少し内海ということもあって風向きがどうのこうのというほど風の強い日は平塚ではたまにしかないのに風のせいとかカッコ悪い(風といったら、正田醤油スタジアムとアルウィン)ので、乗り気ではない、チャリ通です。基本的にコイントスで変更しなければ「前半は相手陣地に向かって攻めて、後半は自陣に向かって攻める」なので、席を入れ替えれば後半は向かい風に向かって攻めるということになり、もしEFSの主張通り風が強いのであればプレーヤーにとって厳しい決定になるという屋外競技経験者なら思いつく発想が、EFS幹部にプレーヤーですごかったという人を聞かないから、ないのでしょうね。水濠の件はそのぶんスペースが大型ヴィジョン側に確保されているので変わらないような気がしますし・・・。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」最終回が掲載された週刊少年ジャンプが発売された9月17日(土)は、平塚八幡宮のお祭りの裏でShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節アビスパ福岡戦でした

2009年のホーム福岡戦で80分ごろまで2点差で勝っていたのに、ペットボトルのお茶を配布したら10分で3点獲られて負けたという試合がありました。にもかかわらず2016年のアビスパ福岡戦で試合前にペットボトルのお茶を配布することになりました。その結果、開始1分で下田北斗選手がハンドでPKを与え、勝負が決定してしまいました。キリンビバレッジに恥をかかせて、営業的にアホです。

湘南 0-2 福岡

2失点目は前半15分に湘南DFが何人もいたところを福岡の平井将生選手がミドルシュートを決めました。あとは福岡が守りを固めて試合終了です。實藤友紀選手が退場したことで逆に専守防衛となって難しくなりました。

下田・三竿・岡本・石川・島村選手あたりに共通するのですが、相手の攻撃をしている選手を追うことは一生懸命するのですが、「ボール奪取がJ1レベルの実力ではない選手」が多く、その結果引きずられてズルズルDFラインを下げるプレーヤーが多いことが、2月から一貫して続いているサッカーです。2015年の時点でほぼすべての相手J1クラブが三竿選手めがけて攻めがちだったのでとっくの昔にバレている弱点ですが、2015年は永木・菊地俊介・遠藤航選手がその前に出て高い位置でボールをカットして、ショートカウンターをしたおかげで気になりませんでした。2失点目も岡本・藤田征也選手あたりが「追うだけでボール奪取しなかった」ためにミドルシュートが撃たれてしまいました。

このズルズル下がる癖をカバーするのがアンドレバイア選手と、本来攻撃をしなければならない髙山薫選手や菊池大介選手なので、長い距離を走らなければいけない髙山薫選手や菊池大介選手はまともに攻撃ができません。これも湘南が2月から一貫して続いているサッカーです。いろいろ工夫はしているのはわかるのですが、2011年に在籍していた石神直哉選手が何人もいるみたいなので改善がされておりません。石神直哉選手も2015年の湘南のDFラインに入っていれば、ACLクラブに移籍できるくらい超活躍していたんだろうなあ・・・。

福岡はとても集中してプレーしたのに対して、開始1分でゴールライン近くまで来てクロスしかないのに追うだけで放置した結果ハンドという「集中力に欠いたプレー」は、擁護できません。リーグ戦10連敗ってなかなかできるものではなく、間違いなく湘南ベルマーレは弱いです。そこから始めましょう。

次は9月22日(木・祝)19時にShonan BMW スタジアム平塚でキックオフの天皇杯3回戦J2徳島ヴォルティス戦となりました。17日(土)にホーム福岡戦、25日(日)にアウェイ磐田戦があるので、控え選手中心だと思います。対するJ2徳島は昇格も降格もなさそうな順位にいるので、天皇杯のほうに注力する可能性がありますが、鳴門での試合ではないので上のリーグにいる湘南が勝たなければいけません。徳島の元湘南は岩尾憲選手、甲本偉嗣コーチ、中河昌彦コーチ、カルロス・スリアーノコーチがいます。徳島は7月の横浜FC戦を観ましたが、引いて守って、カウンターのサッカーでした。

この日はBリーグ初年度の開幕戦(代々木)があり、野球や大相撲を含めてサッカーは分が悪いです。オリンピック出場を逃がしたバスケットボール男子ですが、今回は川淵三郎さんがJリーグから連れてきた大河正明チェアマン(バスケットボール部出身)が率いるので、それなりに盛り上がると思います。Jリーグよりも同じ体育館競技のFリーグ(ワールドカップ中断を入れたけど日本代表は敗退)のほうが影響を受けるだろうなあと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

9月の3連休は2daysだJ! 2016

こんばんは、前回広島カープが10月にセントラルリーグを優勝した1991年の9月にSMAPがCDデビュー同年のNHK紅白歌合戦にも出場して工藤静香さんと対戦)を果たしたそうで、その次に広島カープがセントラルリーグを優勝した今年の12月にはそのSMAPが解散するということで、うわっ、25年って長いなあと思った(四半世紀/逸話が平成時代のカープとは比べ物にならないくらいひどい「球団設立から1975年の初優勝まで」にも25年かかっている)、チャリ通です。ということは、カープが優勝できなかったのはSMAPのせいでしょうか(違)?。

当時の湘南ベルマーレはベルマーレ平塚どころか「フジタサッカークラブ」でしたし・・・。広島カープの皆様は優勝おめでとうございます。球団数が12球団だからこそどの球団もいつかは優勝できそうな気がします。申し訳ないですがホームタウンの人口が100万人を切ったうえで親会社がないJリーグクラブでは、浦和などと比べて差が大きすぎていて、将来も含めてJ1タイトルは厳しいと思いますし・・・。

日産車体平塚工場を転用したららぽーと湘南平塚の開店まであと1ヶ月を切りました(開店以降のホームゲームは今年は甲府戦しかありませんが・・・)。今世紀に入って平塚の商業の中心が「平塚駅北口」から「田村」に移りましたが、わずか数年で今度は「市役所前(平塚駅北口から徒歩10分ちょっと)」が商業の中心になるようです。マンションや戸建住宅も建設されます。2018年にイオンモール平塚が自称ツインシティに完成するため、2年後には市役所前の渋滞でマイカー客を奪われるであろうにもかかわらず「徒歩10分ちょっと(海老名と異なり定期券の途中下車では行かない)」というららぽーと湘南平塚って、最初から本命のマンション販売のオマケ(ららぽーと新三郷方式)なのだろうなあとは思います。

最近東京から20kmから80kmの範囲は、このスタイルの大型ショッピングセンターばかりで、しかもどのショッピングセンターも同じような商品構成なので、そこを解決しないと生き残れないと思うのですが、平塚市総合公園にも馬入にも近いということで、その解決策にららぽーと湘南平塚は「湘南ベルマーレ」をかなり重要視しており、スポンサーになったうえで、レストラン「石窯焼きハンバーグ MEAT COMPANY with Bellmare」の出店、「湘南ベルマーレ平塚コンディショニングセンター」の移転出店、屋上にベルマーレ監修のフットサルコート開設、パブリックビューイングや応援番組の収録など、大型タイアップになっているようです

1999年にOSC湘南シティのオープンから平塚市の人口は7,000人増えましたが、2010年をピークとして、2011年にはカルサ平塚田村もオープンしたものの人口が2016年までで4,500人減少しております(トータルでプラス2,500人)ので、OSC湘南シティとカルサ平塚田村によって既に大型ショッピングセンターが開店するだけでは平塚市の衰退が解決しないことは証明されておりますので、ららぽーと湘南平塚にはうまく立ち回ってほしいなあとは思います。

「超いきものまつり 地元でSHOW!!〜厚木でしょー!!!〜」の裏で、9月10日(土)にアウェイFC東京戦が開催されましたが、

FC東京 3-0 湘南

敗れました。行けませんでしたので、この話題はこれまでです。

次は3連休ですが、9月17日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節アビスパ福岡戦ですチケットが安くなる秦野市民デーで、キリンビバレッジバリューベンダースペシャルデーですNHK BS-1の生放送がございますので、BSが観られる全国の方が視聴可能です。湘南の元福岡は武田英二郎選手がおり、福岡の元湘南はウェリントン・亀川諒史選手がいます。

開幕時に判明していた欠点に対応しようとして全体がぐちゃぐちゃになってしまっている湘南ベルマーレ(平塚での試合が苦手)ですが、「戦術=ウェリントン選手」以外に戦術がないアビスパ福岡もかなりボロボロです。しかし、よりによってこの日にペットボトルのお茶の配布があるので、残念ながらアビスパ福岡は自信満々で試合に臨むと思います。しかしこの連休は月曜日に敬老の日があるためですので、ご本尊がおじいちゃんのクラブは勝たなければいけません。

また、翌9月18日(日)は、Shonan BMW スタジアム平塚で15時キックオフの、明治安田生命J3リーグ第22節福島ユナイテッドFC対AC長野パルセイロ戦があります。福島の元湘南は栗原圭介監督、植村慶・福岡将太・村岡拓哉・前田尚輝・樋口寛規選手、長野の元湘南は金永基・阪田章裕・菅野哲也選手がいます。

確かに福島ユナイテッドはJ2昇格のためにまだまだ力を蓄えなければいけない段階ですが、経営規模、全国リーグ経験年数的にも、今年の福島の成績では合格点は与えられないと言わざるをえないので、この試合は落とせないと思います。昨年は新スタジアムと新幹線延伸、今年はNHK大河ドラマ「真田丸」の恩恵がありそうな長野ですが、観客動員やスポンサー待遇を考えれば2位以上が必須なところで現状の成績を見ますとすぐ下の相模原が脱落という状況で、もう引き分けすら許されない状況と思われます。選手もベテランに偏っているため2位にも入れないのは極めてまずく、緊張感のある試合になると思います。

で、敬老の日は・・・。長年ベルマーレ担当レポーターをしている安田美香さんが月曜レギュラー「伊集院光とらじおと」でも聴きましょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第96回天皇杯2回戦 湘南vs山梨学院大学オリオンズ 戦

おはようございます、毎年夏の終わりにふと思うもののその日のうちに忘れるということを繰り返しているのですが、今年は覚えていたので書きますと、なんで東京ヴェルディの応援に先代の「愛は地球を救う」のテーマ先代のオープニングの曲募金方法告知時のBGM曲ともども、ルパン三世の人作曲・・・、今のエンディングは石川さゆりさんとつんくさんと組んでいるのね・・・)を使わないのかあと思う、チャリ通です。もはや現テーマ曲のほうが長いとはいえ元親会社による素晴らしい歌詞ですし、最初と最後の部分がそのままの歌詞で使えると思うのですが・・・。おっさんが歌うとキモいのでしょうか・・・。まあ、湘南、松本、岐阜、相模原、鳥取のいずれかが使ってもいいのでしょうが・・・。

岩手県が台風被害で大変な中、J3グルージャ盛岡の平川智也前副社長がクラブの年間売り上げの1割を私的流用していたことが発表され、2014年度2015年度と2年連続で赤字を出している盛岡は今年も赤字を出したらJリーグ退会というルールがあるのに大変なことになってしまいました(大谷翔平投手など地元の名士から一時借りるとかになるのでしょうか・・・)。今年岩手県で開催される国民体育大会を前提に資金が集まったので実現できたJ3昇格(来年以降はその資金はあてにできない)ですが、ステラミーゴいわて花巻のFリーグ退会もあったので、心配ではあります。

9月3日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、天皇杯2回戦 山梨学院大学オリオンズ(山梨県代表)でした。首都大学野球の筑波大学対桜美林大学戦の隣で開催されまして、さすがに動員では勝ちましたが、天皇杯ということもあって声量は大学野球に負けていたかなあと思います。

この日はもともと雨予報だったので、小雨が降ったり止んだりして、観戦には厳しかったのではないかと思います。相手は山梨学院大学の三軍(山梨県リーグ1部(2部リーグ相当)所属)でしたが、湘南のメンバーは思っていたより主力が出場しておりました。場内アナウンスは今年も美島さんで、山梨学院大学の選手紹介は画像付きでベルマーレは画像なしでした。

試合は開始1分でMF下田北斗選手のクロスがゴールに入るなど、最初の15分くらいで3点入って勝負が決まってしまいました。そのあと山梨学院大学がマンマークにして立て直しましたが、雨が小ぶりになった後半残り20分ぐらいからまた湘南が3点獲って、勝ちました。島村選手が肉離れっぽく倒れて担架でロッカールームに下がりました。

湘南 6-0 山梨学院大学オリオンズ

湘南ベルマーレは1部リーグ(J1)のプロ、間にJ2、J3、JFL、関東1部、関東2部、山梨県スーパーリーグ(山梨学院大学ペガサスが所属)と入って、山梨学院大学オリオンズは8部リーグ(山梨県1部)のアマチュアなのですから、勝って当たり前です。しかし湘南ベルマーレはJ1、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯を含めて、今年は異常に苦手にしているShonan BMW スタジアム平塚で2ヶ月半ぶりのようやく2016年通算3勝目だったので、大きな1勝となりました。ちなみに1月の福島戦も勝てていません。

山梨学院大学オリオンズの選手は頑張っていましたが、野球場の桜美林大学より来ていたベンチ外の部員が、大勢で横に広がって歩くので、後方の来場者、ジョギング、犬の散歩の人たちが立ち往生するとか、試合後に「山梨学院!」とコールしたのに返事が聞こえないとか、県内に大学リーグがないので東京都に所属しているところは、明治大学や桐蔭横浜大学とはだいぶ印象が違いました。

この状況でグルージャ盛岡はJ1ベガルタ仙台に勝ったのですね。

天皇杯3回戦は9月22日(木・祝)19時にShonan BMW スタジアム平塚でキックオフのJ2徳島ヴォルティス戦となりました。17日(土)にホーム福岡戦、25日(日)にアウェイ磐田戦があるので、控え選手中心だと思います。対するJ2徳島は昇格も降格もなさそうな順位にいるので、天皇杯のほうに注力する可能性がありますが、鳴門での試合ではないので上のリーグにいる湘南が勝たなければいけません。徳島の元湘南は岩尾憲選手、甲本偉嗣コーチ、中河昌彦コーチ、カルロス・スリアーノコーチがいます。徳島は7月の横浜FC戦を観ましたが、引いて守って、カウンターのサッカーでした。

ホームゲームが残り3試合の湘南ベルマーレのリーグ戦は、9月10日日ではなく土)に味の素スタジアムで19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節FC東京戦です。湘南の元FC東京は大竹洋平、長谷川アーリアジャスール選手がいます。FC東京の元湘南は秋元陽太、丸山祐市選手がいます。TOKYO MXが生中継をしますので、受信エリア内のひとは無料で観られます。TBSチャンネル1で放送されますのでケーブルテレビなどでも観られます。調布FMのサイマル放送もあります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Jリーグが2017年からDAZNと契約

こんばんは、みんスタなどで「この秋の平塚市議会で、バックスタンド中央に座席を設けるため約7,000万円を計上して、来春までに約420席増やすという議案があがる」という発表がありまして、どうなるのだろうと思った、チャリ通です。バックスタンドの旧電光掲示板(通称「要塞」)のスペースでしたら500席以上はできるだろうなあと思っていたところ、それを下回る席数なのでよく読んでみますと、旧電光掲示板を残してその前方に客席スタンドを増設するように読めます。それでは実に中途半端で、旧電光掲示板は取り壊して、あの位置に車椅子用のエレベーターを設置し、スペースをすべて活用して最上段を車椅子席にするくらいの増築が必要だったと思いますが、平塚駅北口ロータリーの大型映像装置(ずっと故障中だった間に旧型になってしまい、その間に厚木市長がベルマーレのユニフォームを着てあつぎビジョンに何度か登場したので、そろそろ撤去したほうが・・・)のように、無駄遣いにならなければいいなあと思います。

昨年平塚市にスタジアムについての署名が持ち込まれた結果、平塚市に事実上却下されてしまいました(平塚市に限らず住民のおかげで成り立つ役所が、どんな要望も否定をするわけにはいかないので、実際にはとても飲めない対案を提示で否定の代わりとする)ので、J1ライセンス維持の言い訳のための数百席増の一環となります。神奈川県ワースト2位の人口減のうえで、平塚市民センターをどうするかなどでホームタウンのどこよりも財政不安がある平塚市ですから、スタジアムは無理だけど無理とは言えないのでしょう。

2012年から2016年のスカパーJSATとの約50億円×5年の契約が切れるのでJリーグは2016年中に2017年以降の契約更新をする必要があったのですが、パフォームグループと約210億円×10年という、いきなり桁違いの契約をすることになりました。ソフトバンクグループと競ってNTTグループの協力があったりなどで、金額が跳ね上がったらしいです。

パフォームが提供するDAZN(ダゾーン)でインターネット動画配信されるそうで、テレビ媒体での放送はこれから決めるそうですDAZNは欧州サッカー開幕にあわせて2016年8月に日本版をスタートしております。既にブンデスリーガ、セリエA、MLB、NFL、NBA、ベイスターズなどのサービスを開始しております。

Fリーグの動画配信をご覧になられる方はピンとくるかもしれませんが、ゼビオの応援.comはDAZNのマルパクリですし、競っていたソフトバンクのスポナビライブ(プレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、大相撲、なでしこリーグ、Bリーグ、ホークスなどと契約)もDAZNのパクリです。既に世界は動いております

昨年Jリーグ理事に就任するために湘南ベルマーレ取締役を退任した並木裕太さん(ベルマーレのスポンサーのフィールドマネージメント代表取締役)がオリンピック中に解説しておりますので、詳しくはそちらをどうぞ

えっ、テレビで観られないの?と思われるかもしれませんが、対応するタブレットやパソコンなどで受信してその場でHDMIケーブルでテレビ接続すればハードディスクレコーダーから観るのと同じですし、最近のテレビなら最初からインターネット接続で対応しておりますので、正直何も問題はないと思います。だから地上波、BS、CSとの関係は「これから」なのだと思います

高画質は地上波、BS、CSのほうが、4Kなどで一日の長がありますが、ハードウェアの進歩でたぶんそのうち追い付くのではないかなあと思います。圧縮を解くCPUの性能が上がるだけでもだいぶ違うと思いますので・・・。ただ最初は古いタブレット、テレビ、無線LANなどは買い替えなければなめらかではないくらい、やさしくないかもしれませんね

料金は、パリーグTV、NHKオンデマンド、Huluなどを参考にするのかなあと思っておりましたら、DAZNの基本料金である月額1,750円でOKとなり、業界一のボッタくりプライスだったスカパーオンデマンドの月額2,962円より安くなります。試合が増えてもどんどんチャンネルが増やせるネット配信と異なり、地上波のように注目を独占させるわけでもなく、ケーブルテレビのようにネット回線転用にもならない、技術的に中途半端なスカパー!は、このままではJリーグとNPBをもがれて経営危機になるような気がします・・・。

ということで、2016年までにブンデスリーガの配信などでDAZNは問題を洗い出して修正いただいてから、2017年のJリーグの開幕を迎えてほしいなあと思います。ある程度の放映品質が確保できれば、あとはDAZNやスポナビライブと応援.comとの違いは放映権料の徴収能力だけですし・・・。

そして放映権料がいきなり4倍になるJリーグが来年度にどのような分配をして、クラブがどう使うかも注目です。並木裕太さんの記事のたとえが湘南ベルマーレだったあたりに、フィールドマネージメント代表取締役として気にされているのだなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年の夏もおわり

こんばんは、リオデジャネイロオリンピックで日本代表がおおむね好調だったので、「mesdames et messieurs」というアナウンスを聞きすぎた、チャリ通です。フランス語の「mesdames(マダムの複数形「メダム」)」「et(ゼ)」「messieurs(ムッシュの複数形「メシュー」)」なので、英語で言うところの「ladies and gentlemen」なのですが、これをどれくらい聞いたかがオリンピックをよく観たかのバロメーターになっているなあと思いました

今回のオリンピックは毎度メダルの数を稼ぐ柔道とレスリングが安定してメダルを獲得したうえで、ラケットを使う3競技が好調(これで男子バドミントンに不祥事がなければ良かったのですが・・・)だったので、競技数が増えたことも相まって日本代表がたくさんメダルを獲得しました。平塚市的にはあとはフリーデン「水谷隼カレー」が売れれば、法人税収的になお良しといったところでしょうか。

井上康生さんのときもそうでしたが、現役東海大学柔道部員が金メダルを獲得すると東海大学前駅周辺の飲食店が軒並みマスコミの注目を集めるのですが、せっかく久しぶりにベイカー茉秋選手が現役東海大学生として金メダルを獲ったのに、東海大学が秦野市と平塚市の市境にあるせいか、秦野市や平塚市が地元としてまったく盛り上げないというのは、ペアを組んでシティーセールスをしている厚木市と海老名市を見ているせいか、非常にもったいないなあと思います(いつも申し訳ないと思っていますが、それでも平塚市のシティセールスは、関東の他の市町村と比べると結構な街のセールスポイントが平塚市にはあるのに、毎度民が足を引っ張るかたちでかなり街づくりのレベルが低くてそれが「伊勢原や寒川より安めの路線価」にくっきり表れており、「自治体界のジェフユナイテッドこと、平塚市」といえます)。

8月27日(土)、28日(日)は「超いきものまつり 地元でSHOW!!〜海老名でしょー!!!〜」が海老名運動公園陸上競技場で開催されましたが、2日ともあいにくの雨だったそうで、中2週間の9月10日(土)、11日(日)「超いきものまつり 地元でSHOW!!〜厚木でしょー!!!〜」では天気がいいといいですね

その間に入った9月3日(土)、4日(日)は、Fリーグ小田原セントラルとして、小田原アリーナにFリーグ全クラブが集結します。湘南ベルマーレは4日(日)にペスカドーラ町田戦が開催されます。J SPORTSで録画放送もあります。試合前には大宮アルディージャの塚本泰史クラブアンバサダーが大宮から佐賀まで自転車旅行をする過程で、小田原アリーナにいる久光重貴選手を表敬訪問するそうです。

4日(日)はスカイアリーナ座間にて井上尚弥選手のタイトルマッチもあるので、夕方の小田急小田原線は混むかもしれません。

いきものがかりの凱旋コンサートの裏で、湘南ベルマーレはガンバ大阪戦でした。

湘南 1-2 ガンバ大阪

8km北で1万人以上動員のライブが同じ時間帯にあった上で、雨の中10,664人の動員を集めたことは、湘南ベルマーレにとってかなりすごいことです。HAN-KUNさんの頑張りが大きかったのでしょう。先週のHAN-KUNさんは東京ドームでも湘南乃風として敗れていたので2連敗になってしまったところが申し訳なかったです。勝敗については超苦手のShonan BMW スタジアム平塚での試合ですから、しかたがないです。行っていないのでこの話題はここまでです。

9月1日(木)からFIFAワールドカップ予選が始まる関係で、今週末とその前後で天皇杯2回戦YBCルヴァンカップ準々決勝が開催されます。湘南ベルマーレは9月3日(土)Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの天皇杯2回戦山梨学院大学オリオンズ戦からスタートですなんと山梨学院大学の三軍だそうです(一軍は東京都所属なので山梨県代表になれず、二軍の山梨学院大学ペガサスは県大会決勝で山梨学院大学オリオンズに敗れたそうです)。昔の毎日新聞が「オライオンズ(ライオンズの丁寧語ではない)」としなければいけないところを「オリオンズ」と誤読してしまって、下ネタをチーム名とした南海とともに英米人が失笑という失態をロッテ時代まで犯しましたが、山梨学院大学的には間違いではないのでしょうか?。何語なのかわからないので何とも言えません。

山梨学院大学オリオンズの1回戦の相手の栃木ウーヴァの試合は観ていないので完全に憶測なのですが、栃木ウーヴァは「どの相手にも確実に走り負けるクラブ」なので、勝てなかったのかなあと思います(栃木ウーヴァはたぶんネクスファジの退会と沼津のJ3昇格で、久しぶりの地域決勝3位との入替戦になると思いますので、頑張ってください)。3回戦が木曜日に開催されることもあって、2回戦、3回戦の湘南ベルマーレは控え組が中心だと思いますが、2016年8月までの全公式戦の総合計が2勝しかないという超苦手なShonan BMW スタジアム平塚で勝ち星を増やさないと、オカネを出している皆様に申し訳がありません。2回戦も3回戦も勝ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«明治安田生命J1リーグ 2016 2ndステージ 第9節 鹿島vs湘南 戦